弁護士インタビュー

弁護士になろうと思ったのは小学生の頃です

あの暑い野原のまんなかで、
いまも毎日はたらいている

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。それほどわたくしが所長にもみんなにも働いていると思われていたのか、ありがたいありがたいと心の中で雀躍じゃくやくしました。

叮嚀ていねいに礼をして室を出ました。それからその辞令をみんなに一人ずつ見せて挨拶してあるき、おしまいに会計に行きましたら、会計の老人はちょっと渋い顔付きはしていましたが、だまってわたくしの印を受け取って大きな紙幣を八枚も渡してくれました。ほかに役所の大きな写真器械や双眼鏡も借りました。

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。

弁護士を目指したきっかけは?

弁護士になろうと思ったのは小学生の頃です。

子供の頃、私は世の中の「仕事」をよく知らず、知っている仕事と言えば両親の仕事と、テレビで見聞きするものくらいでした。

父親はサラリーマン、母親は公務員をしていて、それ以外の仕事といえばテレビで見聞きした社長や医者、弁護士くらいしかわからなかったのです(笑)。

弁護士という仕事を意識するようになったのは、「赤かぶ検事奮戦記」というテレビドラマがきっかけです。

子供の時、そのドラマが好きでよく観ていたのですが、それで法律に関わる仕事に興味を持つようになり、自分が知っている職業の中の1つである弁護士を目指すようになったのです。

岡本仁志法律事務所の理念は?

当事務所の理念は、「私に多少なりとも関わって頂いた方に、幸せになって頂きたい」というものです。

ご縁があって私と関わって頂いた方の中に、法律に関わる問題をお抱えで、そのことで不幸になりそうな方がおられたら、最大限のサポートをご提供して問題解決のお手伝いをしたいと思っています。
項目を追加

特徴は「解決力」「対応力」そして「話を聞く姿勢」

あの暑い野原のまんなかで、
いまも毎日はたらいている

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。それほどわたくしが所長にもみんなにも働いていると思われていたのか、ありがたいありがたいと心の中で雀躍じゃくやくしました。

叮嚀ていねいに礼をして室を出ました。それからその辞令をみんなに一人ずつ見せて挨拶してあるき、おしまいに会計に行きましたら、会計の老人はちょっと渋い顔付きはしていましたが、だまってわたくしの印を受け取って大きな紙幣を八枚も渡してくれました。ほかに役所の大きな写真器械や双眼鏡も借りました。

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。

岡本仁志法律事務所の特徴は?

クライアント様の問題を的確に把握し、理想的な解決を実現するための「解決力」、離婚問題、遺産相続、交通事故問題、不動産問題など幅広い分野のご相談が承れる「対応力」、そしてクライアント様からの安心・信頼が得られる「お話を聞く姿勢」などです。

特徴の1つとして挙げている「話を聞く姿勢」について詳しく教えてください

法律の専門家である以上、これまでに培った知識・経験を活用して、問題解決に最適な方法をご提案するのは当然です。

それにプラスアルファして「丁寧な対応」と「親身にお話を聞く姿勢」があって初めて、クライアント様からの安心・信頼が得られるものと思います。

「弁護士は敷居が高い」と思っている方もおられると思いますが?

クライアント様安心と信頼を得るためには、丁寧な対応と親身にお話を聞く姿勢以外にも、「弁護士の人柄・雰囲気」も大切です。

それによって弁護士・法律事務所の印象も変わってくるのではないでしょうか。

私はこれまで、人柄・雰囲気を見込まれて色々な方からお仕事をご紹介頂いた経験がありますので、それについては一定の評価が得られているのではないかと思っています。

「弁護士は敷居が高い」と思わずに、気軽にご相談頂ければと思います。
項目を追加

クライアント様のニーズをできるだけ形にする

あの暑い野原のまんなかで、
いまも毎日はたらいている

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。それほどわたくしが所長にもみんなにも働いていると思われていたのか、ありがたいありがたいと心の中で雀躍じゃくやくしました。

叮嚀ていねいに礼をして室を出ました。それからその辞令をみんなに一人ずつ見せて挨拶してあるき、おしまいに会計に行きましたら、会計の老人はちょっと渋い顔付きはしていましたが、だまってわたくしの印を受け取って大きな紙幣を八枚も渡してくれました。ほかに役所の大きな写真器械や双眼鏡も借りました。

あのイーハトーヴォの岩礁の多い奇麗きれいな海岸へ行って今ごろありもしない卵をさがせというのはこれは慰労いろう休暇のつもりなのだ。

日々の弁護士業務の中で心がけていることは?

例えば、大切な妻や子供が脳腫瘍などの重篤な病気にかかり、手術で回復させられる医師は世界に数人しかおらず、その1人がアメリカにいるとします。

そして、その医師を呼ぶためには高額な費用が必要だったとします。

この場合、多くの方が高額な費用を支払ってもその医師に助けを求めるのではないでしょうか?

一方、歯が痛くて仕方がないとします。アメリカに世界的権威の歯科医師がいて、歯の痛みをピタリと止めることができるのですが、その歯科医師を呼ぶにはやはり高額な費用がかかります。

この場合、きっとほとんどの方は高額な費用を支払ってアメリカから歯科医師を呼んだりせずに、近くの歯科医院で治療を受けるのではないでしょうか?
法律相談も同じで、大きな会社が社運をかけて臨むような問題であれば、スペシャリストに頼むかもしれませんが、一般の方の離婚問題や交通事故問題などでは、法律的な素養や能力が高いに越したことはありませんが、それによりも「自分の話をしっかりと聞いてくれる」「丁寧に対応してくれる」ことの方が大切で、そういう弁護士の方がニーズがあるのではないかと思っています。

もちろん、法律の世界にも「最先端の流れ」というものがあり、それもキャッチしているつもりですが、それよりもむしろ、お話をしっかりとお聞きして、理想とする解決の形を目指して最大限サポートするといった、クライアント様のニーズをできるだけ形にすることの方が大切…もっと言うと「正しい」のではないかと考えています。

なので、普段からそういう方針での法律サポートを心がけています。

HPをご覧の方へメッセージをお願いします

問題の種類に関わらず、法律に関わることでお困りでしたら深刻化する前にお早目にご相談ください。

早期にご相談頂くことで、より最適な解決方法がご提案できる場合があります。

大阪・北区西天満の岡本仁志法律事務所の法律サポートは、きっと皆様の力になれると思いますので、お一人で悩まずにまずは一度ご連絡ください。
項目を追加